« タモガンのクリスマス・イブ | Main | フィリピン家族のクリスマス »

2007.12.25

タモガン・クリスマス・イブーパート・ツー

Cimg7568 一回で終わらないので“1日、2回アップデート”の荒業を使うことにしたのら!・・・午前の続きだす。国道まで迎えにきてくりた妹たちとメルっちゃんの実家に向かう。ドコドコ歩く。

Cimg7575 メルっちゃんが気を配るなか・・ドコドコ歩く。Cimg7579

そしてこの下り坂の下にメルっちゃんの実家があるのだ。Cimg7580

ここがメルっちゃんの実家だす。Cimg7594

やっと到着・・と、思ったらつるべ落としの陽が沈む。Cimg7592

彼は優雅に夕暮れ時を楽しんでいた・・?Cimg7595

こいつは家の中が気になってる。「ごちそうの匂いダ!」Cimg7606

メルっちゃんは早速デナーの準備だす。Cimg7608

久し振りにデラ・トーレ家のかまどで料理するメルっちゃん。Cimg7610

このかまど、良く出来ているのだ。かまどの上にその辺でしろってきた枝や木っ端を置いとくと煮炊きの火で生木でもだんだん乾いていくのだ。Cimg7615

妹は別の場所に火をおこす。鍋には主食のとうもろこし。ちょっとパサついたご飯のようでなかなかいけるのだ。山の人達はよくたびるのだが値段もお米の約半分ぐらい。ワシのために、 一緒に魚も焼いてくりる。Cimg7622_3

そうこうしていると、カロリングが始まった。子供たちが聖歌を歌いながら家々を廻っていくのだ。デラ・トーレ家の家にも8人ほどのカロラーが来て唄ってくりた。おひねりを渡し、ちょうど持ってきた食パンをオヤツでふるまう。Cimg7626

デラ・トーレ家の食堂には入りきらないが外にいる者も含め皆で食事のお祈りをして夕ご飯なのダ。普段たびられないご馳走に子供たちは大喜びでモクモクとたびる。Cimg7628_2

ご馳走のあとはおまつかね!プレレント!メルっちゃんが30数人分用意したプレレントを、しとりしとり渡していった。メルっちゃんが名前を呼んでワシが渡す係り。沢山いすぎて、いまだに 顔と名前が一致しないが・・・・まっ、いいか!Cimg7650 みんな喜んでればOK,デバ?

全てのプレレントを渡し終え、ワシらはダバオに帰る。ふたたび妹が国道まで送りにきてくりた。ここでダバオ行きのバスを待つ。約30分待った。Cimg7649

ふと気が付くと・・・この待合ベンチのところにカカオが成ってたのだ。Cimg7647

雲の切れ間から月灯り。タモガンのクリスマス・イブは更けていく。ワシらはバスに揺られゲストハウスに帰りついたのは11時前だった。おちかれさま!

|

« タモガンのクリスマス・イブ | Main | フィリピン家族のクリスマス »

Comments

タモガンクリスマス物語。
読んでると、なんだかウルウルしてきますね。
鼻の奥がつーんとなりました。
笑顔がたまりません。
あと、わんこもたまりません。
メリークリスマス!

Posted by: まゆはな | 2007.12.25 at 06:49 PM

The last picture is very good, just like in the movie. Horror Movie, hehehe ... I hope you had a Merry Christmas !

Posted by: t2mallari | 2007.12.28 at 02:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« タモガンのクリスマス・イブ | Main | フィリピン家族のクリスマス »