« ジバング金閣寺なのだ! | Main | バレンタイン・デー その1だす。 »

2008.02.11

フィリピン日系人会学校・ダバオ

Cimg8798 ここ、ベルサリオ住宅からフィリピン日系人会学校 (Philippine-Nikkei-Jin-Kai--International-School・・略してPNJK-IS) はご覧のと~り、とっても近い。緑の屋根の時計台がPNJK-ISに併設するミンダナオ国際大学 (MKD) なのよぉ~ん。今日みたいに曇りで涼しい日 (27~8度くらい) は歩いて7分、朝からギンギン・ギラギラの暑い日は8分から9分かかるのだ。月曜日の今日は朝礼があるので久々に朝7時30分前に学校に行ったのだ。

Cimg8763 ひとくちに“日系人会”といってもフィリピン全土に沢山の日系人会があるのだ。首都、マニラのある北のルソン島にはいくつかの日系人会があり、メトロ・マニラから陸路で7時間ほどの高原の町、バギオの日系人会はシスター海野http://www33.ocn.ne.jp/~artv_tenpyo/ichinen/bagio.htmlの力によって早くから組織運営されたので有名だけどセブやイロイロといった各地にある日系人会はまだまだ上手く運営されてないのが現状のようだす。そしてここ一番南に位置するミンダナオ島でもワシが知ってる限りではダバオ(PNJK)とここから2時間ほど南西に行った所にあるジェネラル・サントスというマグロの水揚げ港がある町にも日系人会があるのだ。そして、これら数あるフィリピンの日系人会の中でも日系人会自体で幼稚部から大学(MKD)までの学校を運営しているのはこのダバオの日系人会=PNJKだけらしい。Cimg8767

“学校”としての評価も年々上がってきて毎年、学生数が増えてきている。またこの横断幕にあるようにナショナル・スポーツ大会で好成績をおさめる生徒もでてきてるのだ。PNJK-IS総生徒数は現在 1,313名で(幼稚部209名、小学部612高校部492名)で、ちなににミンダナオ国際大学は今年409名だそうだ。Cimg8591_2

去年の6月前(ここでの新入学期)まではこの小学校舎にある小さな校庭でなんとか朝礼を遣っていたのだが高校生まで一緒に出来ず小学と高校と分けたりもしていた。Cimg8705

今は新しく出来た多目的グラウンドで全校一緒の朝礼。Cimg8757

リコーダーでおなじみの娘達。Cimg8712

朝7時30分の合図とともに時間通り朝礼はスタートする。まずはお祈り。そして全員 右手を左胸にあてて掲揚される国旗をみながら国歌斉唱。そしてこの写真のように国歌斉唱後、右手を上げてフィリピン国民としての宣誓をするのだ。そしてその後、2本めのポールにフィリピン日系人会学校の校旗が掲揚される時、全校生徒で校歌が歌われる!・・・この校歌はイネスが作詞しテランテ校長先生が作曲し、ワシと天山さんが編曲・録音したものなのだ。もう3年前になるかな・・・高尾の自然がスグそこに迫っている天山さんのスタジオで「ここ、こーしようよ・・あれ、こーでける?」などと楽しみながら2人で作った“音”に合わせて生徒達がいつまでも歌い継いでくれるのは本当に楽しい事だよね・・天山さん!http://park1.wakwak.com/~tenzan/indexj.htmlCimg8760

本日の先生方の制服は赤。緑の草に映えます。Cimg8769

幼稚部、小学部の校長先生、テランテ先生。ギターも弾くしクラリネットやアルト・サックスもなかなかの腕。学校や日系人会などでインターミッション(余興演奏)などを頼まれた時はいつもご一緒させて頂いてる。ワシらダバメルのニノン(結婚後見人)のお一人でもあるのだ。Cimg8778

こちらは高校部の校長先生、ルース先生。このルース先生もコーラスーサークルのお一人でクリスマスの先生方のカロリングにはいつもメインメンバーで参加している。Cimg8790

MKDの階段であやこ・デグスマン先生とばったり!一昨年フィリピン人でエンジニアの旦那さんと結婚してPNJK-ISで教えて下さってる。Cimg8592

子供たちは・・・?

というと・・・この写真は今日じゃないんだけんども、いつもこんな感じ時。厳しくは教育されてるけれど、底抜けの明るさは忘れないのダ。Cimg8594

おっと、忘れるところだった!フィリピン広しといえどもカリクラムの中に“日本語学科”が入っているのはPNJK-ISただ1校だけだそうだ。この子達は幼稚部が30分を週3回、小学部が40分を週3回、高校が50分週3回と、日本語を勉強している。えらい!Cimg8595

中にはこんな“お調子者”もいるんだけんど・・・可愛いでしょ!

|

« ジバング金閣寺なのだ! | Main | バレンタイン・デー その1だす。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ジバング金閣寺なのだ! | Main | バレンタイン・デー その1だす。 »