« Blessing~リザとジーンズの新しい家 | Main | フィリピン日系人会インターナショナル・スクールのFamily Day »

2009.01.23

マンゴー・ケーキの作り方:ダバオ風

Cimg0161_2 メルっちゃんスタイルのマンゴー・ケーキだす。簡単だけんども“てんぷくトリオ”の南伸介が「びっくりしたなぁ、も~」・・って言うくらい美味しいのダ。今日は作り方をおせえちゃうのダ。なにしろここ、ミンダナオ島のダバオはマンゴーの産地 (セブもモチロン有名な産地だが・・) 

Cimg0146 材料もシンプルだす。ダバオでは簡単にいつでも安く手にはいるマンゴー。それから生クリームとコンデンス・ミルク(練乳)。それにグラハム・クラッカーhttp://eco.kinomama.jp/lohas/yogo/959/cat47/cat1/post_2625/ グラハム粉もあればよいが、無くてもヨシ、だす。Cimg0138

マンゴーは真ん中に平たい大きな種が一つあるので、こんな風に“三枚おろし”になるのだ。このボールの中の種の部分はあとで周りの実をしゃぶるか、ナイフでこそいでミキサーで作るマンゴー・シェイクに使うのダ。Cimg0132

実の方をスプーンで平らにそぎ取るだす。すでにジューシ!Cimg0131

こげな風に準備したらもう工程の半分はおすまい。Cimg0130

ここからグラハム・クラッカーの出番だす。こり、そのままサクサクたびても旨いのだ。Cimg0151

冷蔵庫で保存し易いので蓋つきタッパ式の適当な容器にクラッカーをしきつめ生クリームを塗るようにそそぐのだす。Cimg0148

そして、そこに“そぎ採り”したマンゴーをしいてゆくダ。Cimg0152

あっ・・・忘れたケンド・・生クリームの後、マンゴーをしく前にお好みに合わせて甘味とコクの調整でコンデンス・ミルクをたらすのだ。ウチのメルっちゃんのは“甘さ押さえめ”なのでピロ~ンとたらす程度だす。Cimg0150

そして、またグラハム・クラッカーをしいて・・・この工程を容器にもよるが4回か5回、つまりミルフィーユのように4~5層になるのだ。Cimg0153

そして最後にグラハム粉をふりかけ・・・・Cimg0154

こんな風になったら・・・Cimg0155

今度は小さなスプーンで丸く くり貫いたマンゴーを飾りの乗っけてでけあがり!

このケーキ、ダバオではメンゴー・フロート・ケークと言うだす。これで一晩、冷蔵庫のなかにおいて置くとクリームやマンゴーのジュースがグラハム・クラッカーに染み込み全体にしっとりとなる。マンゴーの甘さ、熟れ具合にもよるが大体2日目あたりからがなじんだ美味しさになるだす。ここダバオの気候でも冷蔵庫で4~5日は確実にもつケンド、いつもその前にねくなってしまうダ。日本にも何回か作って持っていったのだが運ぶのに大変なのでダバオに来てくれたらご馳走するダス。そんときまで“お楽しみにぃ~!”

|

« Blessing~リザとジーンズの新しい家 | Main | フィリピン日系人会インターナショナル・スクールのFamily Day »

Comments

グラハムクラッカーマンゴーケーキでサーチして覗きにきました。美味しそうです〜☆

Posted by: maki | 2010.10.08 at 12:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Blessing~リザとジーンズの新しい家 | Main | フィリピン日系人会インターナショナル・スクールのFamily Day »