« MKDの入学式と、ダバオでの新型インフルエンザ・セミナー | Main | フィリピン・ミンダナオ島・ダバオで見れる花~ハカナ通り花便り(1)2009' »

2009.06.28

フィリピン、ダバオで美味いもの・・キャッサバ・ケーキ

Cimg9931 ダバオのしとたちはカトリックのしとが沢山いるので日曜日の朝などはこぞって教会に行き朝のミサに与かるのだが・・・・

教会の前には沢山の物売りたちも露店を出していいるダス。特に伝統的なお菓子が目立つのだ。“フィリピンのちまき”とも言えるスマン (http://davashu.way-nifty.com/blog/2006/10/post_68fb.html) や、カルカン饅頭のような食感のビビンカや、“ウベ”という紫芋ともち米で作る色鮮やかなサピン・サピン・・・「フィリピンのお菓子は甘すぎてどうも・・・・」って言う日本人の方々のお話を聞いたり、読んだりすることが多いのだけんども、確かにおっさるとーり、全体的には甘めに作ってるお菓子屋さん (殆んど個人商店・・?だが ) が大半なのは否めないが、中には“上品で甘さ控えめ”の“作品”もあるのだ。通って、よく買ってたりすると「このオバちゃんのスマンは甘いけんど、あっちのおっちゃんのスマンは甘さ控えめだ!」とか、「こっちの兄ちゃんのスマンの方が香りがいい・・」とか、判って来たりすると・・・チミも、もう“ダバオ通”になってしまうのダ。さて、本日のお題はこのお菓子売りのオバちゃんたちもあつかってる“キャッサバ・ケーキ”の、キャッサバ (カッサバ)についてダス。ダバオの美味しい食べ物、旨い店、郷土料理・・・今日はオヤツの時間ダス。

Dsc07797 こりが“キャッサバ・ケーキ”なのダ!こりはショッピング・モールのフード・コート・・確かガイサノ・モールの3階にあるスター・ウォークの中のお店で、ひとつ15ペソ・約30円ほどだったと思う。街中の露店や頭にザルを乗せて売り歩く、メリエンダ(おやつ)売りのでも10ペソから15ペソ、と言ったところだらうか・・・。こりが、なかなか美味いのだ。また、このキャッサバ・ケーキ (カッサバ・ケーク) は割り方どこのでも甘さ控えめの事が多い。Cimg4471

こつらのカッサバ・ケークはワシらダバメルが今、ダバオで一番好きなイタリアン・コーヒーのお店、カフェ・フィガロのカッサバ・ケーク。特製で柔らかくて美味しいが、55ペソ・約110円と高い。気持ち甘めダス。(このカフェ・フィガロはのセブのアヤラ・センターにもあったのでマニラにもあるでせう・・?)Cimg2676

このカッサバ・ケークの原料となるのがこの右上のキャッサバ芋=カッサバ芋なのだ。ちなみに左下はカモーテと呼ばれてるサツマイモの一種。上の丸いのはココナッツ=椰子の実で外の皮を剥いてあるのだ。割って中の白い実をこそぎ絞ってフレッシュ・ココナッツ・ミルクを作ったりするだ。実はこのカッサバ・・・ワシらのベルサリオ住宅の空き地にも植えられているのネンのネン!Cimg0749

ここはベルサリオ・ダモサ・ゲート(裏門)のすぐそば・・あの袋マンゴーの木の所・・・・(http://davashu.way-nifty.com/blog/2005/06/post_4642.html) 挿し木のように突き刺してあるのがキャッサバだす。Cimg0752

こんなのを4~50センチに切って突き刺すだけなのだ。Dsc07789

暫くするとこんな風に葉っぱがピロピロして来て・・・Dsc07786

「レナウン娘」の様に“ワンサカ・ワンサ、ワンサカ・ワンサ、イェ~イ、イェイ~、イェイイェイ~”っとなる。Cimg2465

今はこんなでダイブごりっぱ!どんくらいでカッサバ芋がでけるのか、知らんのだけんども・・・。ベルサリオの空き地には (空き地・・といっても殆んどがお金持ち、特に中国系の人が多いと言う話だが、寝かせてあるだけでドナタか持ち主がいるのだが・・・) 茄子が植えてあったり、オクラの綺麗な花が咲いてたり、カンコンという野菜は水辺に生えてるし、玉蜀黍もやってたなぁ・・・普通のお宅でもカラマンシー(すだちの様なもの)や生姜、そしてビタミンCが豊富なマロンガイなどよく植えている。パパイヤやバナナ、マンゴー&アップル・マンゴーなども良く見るが、カッサバを住宅地で植えているのは初めて見たダス。 ** マロンガイについてはいつか書こうと思うが、ここフィリピンではサバウ、シニガンなどスープに入れたりするのだが、ダバオでも昔から「産後のお母さんに、地鶏とマロンガイのスープを飲ませると良い」っと言われてるぐらいで、ここのところ再注目されてるらしい。魚や貝のスープともよく合うのだ。 **Cimg2061

さて、これもカッサバで作るお菓子でサルバーロと言う。ネパールの朝食にたびるパロタのようなもので揚げてありチョロット糖蜜がからめてあるだ。このミナポンでリンクしているメルっちゃんのブログ“Kabuhayang Pinoy=フィリピン人生”http://davadang.blogspot.com/2009/05/salbaro-vendor.html でも紹介してるだす。Cimg2066

この糖蜜がかかっているところは“淡~い味のかりんとう”のような感じで日本茶とよく合うのだ。1枚3ペソ・約6円ほどダス。一人で2~3枚はかる~く、たびてしまいます。ダバオのおやつキャッサバ・ケーキやこのサルバーロをみんなにたびさせてあげたいものダス!またの機会に、フィリピン、ダバオの旨いものや美味しいレストランなど紹介するだす。CU・・。

|

« MKDの入学式と、ダバオでの新型インフルエンザ・セミナー | Main | フィリピン・ミンダナオ島・ダバオで見れる花~ハカナ通り花便り(1)2009' »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« MKDの入学式と、ダバオでの新型インフルエンザ・セミナー | Main | フィリピン・ミンダナオ島・ダバオで見れる花~ハカナ通り花便り(1)2009' »