« ハカナ通り花便り・番外~ダバオの庭仕事 | Main | フィリピン・ダバオの日本祭り »

2009.09.26

くだもの王国・ミンダナオ~ランブータンの収穫

Cimg5223

甘くて、おいひぃ~~ランブータンの収穫&試食会をしたダス。場所は、お向かいのイネス&トントンの家の庭。15坪ほどの庭にタンビス(ローズ・アップル)の木、カラマンシー、まだまだ実はつかないがドリアンの木、そして、このランブータンの木がある。家を建てる時、この庭の部分の土は5~60cmほど、良い土を盛土したそうで、花もこれらの木も良く育つのダ。

Cimg4865

こりは、ベルサリオ住宅のご近所のお宅のランブータンだが、赤く色つき熟れる前はこんな風ダス。

Cimg5215

小枝ごとこんな風に収穫。いつもはイネスが木に登るだが、今年はエドナが猿のようにシュルシュル登った。

Cimg5219

今年はあんまり沢山、実を付けなかったが100個ぐらいだったかなぁ~。

Cimg5228_2

ワシらは7尺脚立を使って、高枝でエドナがもいだランブータンの房を受け取るダス。

Cimg5226_2

おかげさまで、木熟した、もぎたての果実を頂ける幸せ~。本当に“もんのすごっく”甘い!

Cimg5227_2

透き通るようなこんなチレイな実。

Cimg5199_2

このランソネスもグー!収穫祭としても知られダバオ最大のお祭りであるカダヤワンも、もうとっくに終わったのだが、ここ“くだもの王国”の首都ダバオにはカリナンやパナボ、ディゴスをはじめ沢山の果物が集まってくる。台風が来ない (台風はミンダナオ島より北の海域で発生して北上していくのでミンダナオ島、南部のダバオでは台風の被害はなく、戦前、太田恭三郎・大城孝蔵といった人達が当時、必需品であったロープなどの原材料のアバカ=マニラ麻の生産をここダバオで行なった。7メートルほどに伸びる麻は台風被害のないダバオでは順調に生産できた。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%90%E3%82%AA) ので美味しい果物が“レナウン娘”のように「わんさか、わんさ わんさか、わんさ 意イェイ、イェイ、イイェイイェイ~」なのダ。

Cimg0428_2

こりは、何回か紹介してるがこのベルサリオで撮った写真で、ランソネスが実を付け始めた時の写真。この実が大きい物はピンポン玉ぐらいになるダス。

Cimg3314_2

そしてドリアン!ドリアンも種類があって、チャネッとかハイブリッドだとか・・・。ダバオっ子はネイティブ種の物が好きなようだ。他の物より匂いが強く、まったりとして甘味がつおく、ネットリとした食感ダス。リンクのもあるメルっちゃんのブログ、sinple shots にドリアンの写真があるのでご覧くだせえ~。http://keepitsimplemerce.blogspot.com/2009/09/baha-sa-davao-city.html & http://keepitsimplemerce.blogspot.com/2009/09/durian-fruit.html

Cimg4883_3

ここミンダナオ島ダバオはドリアンで有名なのでダバオ国際空港にも巨大ドリアンの中から、こりゃまた有名なたきさんの部族が“こんにちわ!”しているモニュメントがあるくらいなのダ。

Cimg4018_2

これはマンゴスチン。ドリアンが“果物の王様”なら、このマンゴスチンは“果物の女王様”と言われる。

Cimg6095

このマランもおいひぃ~。

Cimg6473

見た目はイガイガっぽいがこの皮は手で簡単に“ミロ~ン”っと剥ける。中にはこんな乳白色の実が並んでて一粒、一粒に大きな種が入ってるがクリーミィで甘く美味しいのダ。このマランは安い。これで1個20ペソ、約40円ダス。こりゃまたリンクのメルっちゃんブログに珍しい「マランが木に成ってる所の写真」があるので見てみてチョ。この写真はメルっちゃんの実家タモガンで撮ってきたもの。http://storyangbuhay.blogspot.com/2009/09/hilaw-na-marang.html 他にも沢山美味しい果物があるのだが・・・・それはまたこの次!

 

|

« ハカナ通り花便り・番外~ダバオの庭仕事 | Main | フィリピン・ダバオの日本祭り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ハカナ通り花便り・番外~ダバオの庭仕事 | Main | フィリピン・ダバオの日本祭り »