« ミンダナオ島ダバオのゲストハウス~DUDF | Main | サンタクルーザン ~フィリピンのフェスタ・お祭り »

2010.05.25

ダバオで家さがし。(フィリピンの間取り図)

30898757841

これは、ワシらダバメルが住むフィリピンはミンダナオ島ダバオ市の新興住宅地における土地・家パッケージ・プランの間取り図ダス。近年、ここダバオでは沢山の住宅地やマンション・スタイルの住宅が開発されてきているダス。なんか・・・ワシらが過ごしてきた昭和30~40年代の東京の片田舎・・・・てな、感じがするのダ。そんな中、ワシらダバシュー&メルっちゃんのダバメル脳天気夫婦は将来のために“家さがし”をしているのダ。

Cimg1765

ご存知の通り、ワシらは2005年に結婚して以来、現地NGO法人・ダート内田デベロップメント・ファンデーションの会員としてダート内田ゲストハウスのボランティア用務員として全てのゲストハウス維持、運営そして有給スタッフの育成を同じくボランティア会員のイネスやトントンと一緒に続けてきてるのだが、やはり、ワシらダバメルのパーソナル・ライフもある訳で・・・・・これからズ~ット住み込みで無給ボランティアを続けて行く訳にも行かず・・・。せめて、自分たちのパーソナル・ライフだけでも確立するべく“家さがし”に踏み切った訳なのだが、これがまたナカナカ大変。基本的に日本のような不動産屋さんはダバオにはない様なのだが、物件をかかえたブローカーの事務所や販売住宅地の事務所などは結構ある。また、インターネットではたくさんのサイトがあり、おのおの不動産関連のページがありディユアル・タイムでの不動産情報が得られるので活用はしてるのだが、最終的には実際に現地・現場を見ないとお話にならないダス。(失礼、ダバオに限らず、どこの国でも常識ダスね~!)

Cimg1771

ベルサリオ住宅内にもこんなメゾネットとかドプレックスとか言われてる物件は幾つか新築で出てる。ただ、ここベルサリオ・ハイツは直ぐそばのダモサ地区が急激に発展したのと近々、近くにSMという大型ショッピング・モールの建設も予定されていて地下が高騰していて結婚した2005年当初から比べると2倍になってるダス。だいたいこんな3軒繋ぎの建物で床面積、1階・2階合わせ80平米くらいの物で4・5ミリオンペソ。今の平均レートで言うと日本円で900万円ほどになる。ワシらダバメルにとっては少し高すぎるのと将来的な維持管理や、いざ転売・・・・となった時の事など考えると、いかにベルサリオ住宅が住み易くても「少し市街地をはずれて、小さくても静かで安い一軒家」を探した方がよいかなぁ・・・・っと、思ってもいる所ダス。

Cimg1674

とは言っても、ダバオでは一番、親しい我が愛すべき “うるさい一家” =イネス&トントン一家となるべく近くに居られればそれに越した事はないのダ。そんな中、kのベルサリオの隣の住宅地、ヒル・サイド・サブディビジョン(住宅地) に、こじんまりとして、予算的にもワシらダバメルに相応な物があったので、早速トントンに付き合ってもらい見に行く。この天秤棒を担いだタフー売り(豆腐)の向かう先がヒル・サイド・サブディビジョン。

Cimg1675

中古不動産仲介サイトでの物件だったのだが、家のオーナー自らが対応してくりた。http://www.ayosdito.ph/Davao+Region/1342399-House+near+Carmelite+Monastery+Lanang.htm&xtcr=12 敷地150平米に50平米の建物で6畳ほどのベッドルームが二つ+居間&ダイニングと言った作り。

Cimg1679

キッチン自体はこの広さなのだが・・・・・・

Cimg1678

典型的なフィリピン住宅に付いてる、表のキッチン、ダーティー・キッチンが付いてるダス。炭焼き料理を作る事が多いフィリピンの人はよくこの外のキッチンでバーベキュー(ソグバと言うが・・)をしたりしるのダ。

Cimg1683

そんなで・・・・家自体はそこそこの状態だし、大きさもワシらダバメルにはちょうど良い。金額的にも1・65ミリオンペソ (特別に不動産売買税や手続きの費用も持主が負担してくれる話になった。) 日本円で約340万との事。良いのだが・・・・・・・・・・・・・・・・・。心配事はいくつかあって、即決はせなんだ。

この住宅地はベルサリオと同じ頃に開発されたのだがグレードは2つぐらい下で上下水道完備だが、下水は昔の日本のようにドブなのダ。コンクリート舗装じゃない道は問題ないのだがドブの下水溝は近隣住民の管理が行き届いてないと詰まったり、汚れたりの問題があり悪い時にはマラリアやデンゲ熱といった媒介になる蚊の発生源になったり匂いの原因になる。残念ながらこのあたりは気をつける人が少ないのか手入れが悪い。こう言うばやい、たとえばダバメル家がけがチレイにしててもおっつかない。それと・・・・2003年からダバオに住んでいて相当、現地の暮らしに慣れた・・・とは言うものの、やはりワシは日本人。特に生活騒音についての部分はマダマダ日本人なのダ。フィリピンの人達は暑いこともあって夜などでも家の玄関先やちょっとした庭などで過ごす事も多い。この家の正面の家は外にビリヤードの台が置いてある。つまり・・・・・夜な夜な家族、親戚、友人などが集い楽しむのだろう。するって~と・・・毎晩ワイワイ・ガヤガヤなのダ。(心配なので2日後の夜にメルっちゃんと様子を見に行ったら、案の定、ご一家で大騒ぎしていた。) たびん・・・純・日本人のワシは毎晩、安らかな眠りにつけそうもない。そんな訳で1週間の熟慮の末、ここは諦めたダス。

Cimg1806

ワン・オアシスと言うマンションがSMモールの直ぐソバに出来て今売り出してる。

Cimg1777

キレイだしショッピングのアクセスも良いが、やっぱり高いいし、将来的に建物の精度も含め不安もある。

Cimg1852

ベルサリオからは遠くなるがミンタルという所に新しい造成地区があり色々なデベロッパーが住宅地を作ってるので近々メルっちゃんと見に行く予定を組んでるダス。ここからはジープで1時間近くかかるが、ミンタルのサブディビジョンにはイネスの姉さんや妹の一家が住んでいて心強い事もあるしショッピング・モールも建設中なので期待してるダス。今進めてるGINTE2(ギンテツ) http://www.ginte2.com/modules/column0/index.php?id=6 の3枚目CDの製作も一応終了し来週の細かい調整・打ち合わせでOKとなりそうなので、9月に予定している日本ライブに向けての準備や練習、そしてここダバオでは日系人会30周年式典の準備やリコーダーコンテストの事など、まだまだ忙しいが 家さがしは続くのだ。そして、先週からゲストハウスにいる外務省ジェネシス・プログラムの中澤さんの1年間滞在の為のお部屋探しも一緒にお手伝いするのダ~!  

|

« ミンダナオ島ダバオのゲストハウス~DUDF | Main | サンタクルーザン ~フィリピンのフェスタ・お祭り »

Comments

最近のダバオの事情を見て楽しんでいます。ありがとうございます。
1957年から3年間ダバオ市に住み木材買い付け、検品、船積立ち会いにミンダナオを駆けまわりました。
貴ブログを拝見し、往時のことを走馬灯のごとく思い出しています。それにしてもダバオはすっかり変わったようですね。機会と体力があればもう一度ダバオへ行ってみたい(帰ってみたい)です。 

Posted by: tamakogera | 2010.05.28 at 06:04 PM

tamakogera様
1957~1960年までダバオにいらしたのですね。私どもの大先輩ですね。あくまでも個人的な私のブログなのですが、これからも頑張ってダバオの様子をお伝えします。もう一度ダバオに来られると良いですね!

Posted by: ダバシュー | 2010.05.29 at 09:22 AM

soraliega にレントハウスあります。

Posted by: aim | 2010.06.04 at 06:47 PM

aimさん、コメント情報有難うございます。
ただ、レントでしたらソラリガまで行かなくともこのベルサリオでも沢山あるし近居のセント・ビンセントやリゾラルディあたりでもピンキリ3000ペソ~35000ペソあたりまで、結構ありますが・・・・我々夫婦は住宅購入を考えてますので色々探してます。長くダバオにいるので大体の住宅地についての情報は持ってますので、今は購入のための住宅地をピンポイントでチェックしている所です。ソラリガ近辺の新興地は住んでる友人から“水が良くない”との情報があるので購入住宅としては考えてません。今はノバチェラあたりをチェックしてます。

Posted by: ダバシュー | 2010.06.04 at 10:30 PM

はじめまして。
ここに載ってるキッチンの写真をサンプルで使わせてもらいたいんですが、よろしいですか?

Posted by: しん | 2012.05.29 at 02:36 PM

しんさん>
初めまして。
サンプルとは・・どのようなかたちでお使いになられたいのでしょうか?
ブログやHPなど、あるいは印刷物などへの転載でしたらご勘弁下さい。

Posted by: ダバシュー | 2012.05.29 at 10:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ミンダナオ島ダバオのゲストハウス~DUDF | Main | サンタクルーザン ~フィリピンのフェスタ・お祭り »