« ビビちゃん、イースター・ビレッジに帰る~の巻き① | Main | ビビちゃんイースター・ビレッジに帰る~の巻③~完 »

2011.01.06

キダパワン~ビビちゃんイースター・ビレッジに帰る~の巻②

Cimg1685_2 

ビビをイースタービレッジに送り届けるために3人でキダパワンに行ったこの日・・・・ワシとメルっちゃんは夜、ダバオに帰るつもりだったのダ。ところが、イースタービレッジでは佑川神父様をはじめみんなが「せっかく来たのだから1晩泊まって行きなさい~!」っと、強く、ありがたく、お奨め下さったダス。着替えも何にも持って来てなかったワシらダバメルはキダパワンの町のスーパーで買い物をする事にしてトライシカルを拾うため国道まで田舎道を歩く。国道に出た所には、まるでフェデリコ・フェリーニの「アマルコルド」のワン・シーンの様に白い牛が佇んでいたのダ。

Cimg1688

イースタービレッジから国道まで歩いて3分、国道でトライシカルに乗って2分の所・・・

Cimg1687

ミンダナオ島、ダバオ市周辺ではお馴染みのセントラル・ウエア・ハウスのスーパーがありましたん!1階はフード・コートや家具、そしてグロサリー(食料品スーパー) そして2階が衣料品や文房具やオモチャ。そこそこ大きなお店ですた。

Cimg1690

“ふっくらと大きくなりつつある?”メルっちゃん。パジャマを探すのに一苦労(サイズ的に・・・ナイショ!) 買い物済んで表に出たらもう夕闇。

Cimg1695

イースタービレッジのみんなはワシらが帰るのを待っててくれた。

Cimg1698

みんなでワシらの為に歓迎の唄を歌ってくりたのダ~。

Cimg1700

この子たちのほとんどがワシたちとビビのようにクリスマスの間、受け入れして下さった各ご家庭からこの日帰って来たそうだがまだ全員では無いのダス。まだ、ワシらがダバオでちょこっと、お手伝いしているRSCC=あやこ園のようにフィリピンの福祉局DSWDからの要請もあり赤ちゃんたちも受け入れているが、赤ちゃんは別室~。

Cimg1702

佑川神父様も楽しそうにギターを弾いて3曲もワシたちのために歌ってくりた~!

Cimg1705

「さぁ~て、晩御飯だよぉ~ん!」 みんなで食卓に付き佑川神父様のリードで食前のお祈りをしてたびはじめる。

佑川神父様やスタッフ、ソーシャルワカーのチェチェらは食事しながらも今日帰って来た子供達の様子を見る。体調やら気持ち・・・・。食卓を囲んで子供に声を掛けていく。みんなで囲む食卓は楽しいのと共に大切な時間なのだなぁ~・・・と、教えて頂いたダス。

Cimg1707

日本では長年、聖心(みこころ)の布教姉妹修道会の運営する養護施設の施設長を務めてらしたシスター春日井も一家のおばあちゃんのように優しい眼差し。

Cimg1712

食事の後は・・・・・子供達が一斉に後かたずけを始める。3つ並んだシンク、右から左に食器が洗われながら送られて行き、あっと言う間にフィニッシュ。それでもまだ食べ終わらない小さな子供は年上の子がちゃんと面倒を見てるのダ。明日から学校・・・・朝が早い子供達は暫くしてから「おやすみなさぁ~い」と、部屋に帰っていった。ワシらダバメルと神父様、中島のおじさん、ボランティアのソーシャル・ワーカーしずかさんは別棟の「聖心ホール(みこころホール)」 に場所を移して10時頃まで話が弾んだのダス。

|

« ビビちゃん、イースター・ビレッジに帰る~の巻き① | Main | ビビちゃんイースター・ビレッジに帰る~の巻③~完 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ビビちゃん、イースター・ビレッジに帰る~の巻き① | Main | ビビちゃんイースター・ビレッジに帰る~の巻③~完 »